有田陶器市へ。 116th Arita Porcelain Market 2019


有田陶器市へ。 116th Arita Porcelain Market 2019

手塚商店に関わる人たちが輪となり 一輪の花をしつらえる 4人の個性あふれる陶磁器作家たちが デザイナーの生み出したカタチに自由な表現を施します。

手塚商店は有田の地で100年以上の歴史をもち、大正時代初期の町家づくりと伝統的な黒漆喰が印象的です。こちらのひとスペースにて、デザインをした一輪挿しのコラボレーション展示販売をします。 前回訪れた際は真夏の炎天下の中、冷んやりとした土間に冷たい麦茶で憩いの時間を過ごした思い出があります。 あれから3年、夫婦の念願だった息子を連れての有田訪問です◎

陶器市へお越しの方はぜひお立ち寄りください。

「手塚商店の輪」展 2019年4月29日(月)~5月5日(日) 第116 有田陶器市 / 手塚商店 佐賀県西松浦郡有田町大樽1-2-2

_potter FUMIE TANAKA たなか ふみえ  RYOTA ISHIHARA 石原 亮太  AYAKO HARADA 原田 愛矢子  HITOMI NAKASHIMA 中島 瞳  _designer YUSUKE TAGUCHI 田口 裕介  _planning Ota Takeshi 太田 剛史( 手塚商店<ギャラリー手塚>)

-- Tetsuka Shouten has a history of over 100 years at Arita. It is a traditional Japanese town-house in the early Taisho period, where its black japanese motor is impressive. The Creators involved in Tetsuka Shouten mate a team and set up a flower. Four unique potters : Tanaka Fumie, Ishihara Ryouta, Harada Ayako and Nakajima Hitomi express freely to an Ichirinzashi what Yusuke Taguchi designed.

TETSUKA SHOUTEN NO WA exhibition APR 29(mon)-MAY 5(sun) 116th Arita Porcelain Market 2019 / Gallery Tetsuka 1-2-2 Odaru, Arita-cho,Nishimatsuura-gun, Saga

#works

Featured Posts